Sonia Ochoa 2017 Tokyo Show & WS


SoniaWebShow

2017年5月12日(金)

Sonia Ochoa “Soul to Soul ” Dance Show! – @ 江東区亀戸文化センター

Special guests: Komatsu Kaoru (Karima), Matsuya Inako (Ainy), Zizi, Farasha, Nicole with Nicole Gumi,千都マリア (from Toyama), Runa, Ken Nagata (Flamenco), Yamamoto Saiko (Bharatanatyam)  Joe with DDC (Apsara, Erykah, Lyon, Michelle, Saemi, Sara Sawati, Switch)
   開場 – 18:30   開演 – 19:00    チケット:(前売り) 4,500 円  (当日)  5,000 円

ご予約は: Click Here


Soul to Soul Special Guest Dancers: 

 

Screen Shot 2017-03-09 at 1.08.01 AMKarima
1988年渡米。アメリカのモダンダンス界を代表するニューヨークのアルビンエイリー・ダンスカンパニー付属学校(AAADC)に学ぶ。ニューヨークで最高級のアラビアンレストラン『ザ・ナイル』のオーディションに合格し、ベリーダンサーとしてマンハッタン、ブルックリンで数々のショーに出演。師イブラヒム・ファラより“Karima”の名を受ける。
1991年、本場カイロに渡り、エジプトを代表する国立レダ民族舞踊団の研修生となる。故ナセル大統領から勲章を進呈された舞踊家・振付師のマフムード・レダの直弟子としてエジプトの民族舞踊全般を学び、正規の就労ビザを取得。エジプトで日本人初のプロデビューを果たし、四ツ星ホテル『シェハラザード』と専属契約するほか、大使館や商社などのパーティーにも出演する。
1993年帰国し、小松芳アラビア舞踊団を結成。海外で約300回以上のステージを踏んだ経験を生かし、アラブ現代芸能の日本での普及活動と日本人生徒の指導にあたる。東京外国語大学、朝日カルチャーセンターなどでもベリーダンス講師として活躍中。


Screen Shot 2017-03-05 at 1.48.30 PM亜伊那
故イブラヒム・ファーラー氏、ヨースリー・シャリフ氏に師事。
1993年「アイニーベリーダンススタジオ」をオープン。
以来、多くのイベントに出演し、ベリーダンスという踊りに情熱を注いでいる。

Screen Shot 2017-03-04 at 10.24.24 PM

Farasha(ファラーシャ)
Studio FODSS(フォッズ)主宰。米国&ブラジル育ち。幼少時より海外でダンス教育を受け、多様な舞台を踏む。大学時代はKeio Dancing Crew JADEのメンバーとして活動。Mishaalに師事しベリーダンスを学び始め、その後Lulu from Brazil, Dr. Gamal Seifに師事。現在も多方面で学び、エジプシャン・オリエンタルダンスを追求し続けている。FODSS舞踊団を率いて国内外で多数のショーに出演。舞台・TV等の振付、入門書・DVDの監修、音楽制作・プロデュース等も行う。全国各地より招かれワークショップや講演を行う他、国際大会やフェスティバルの顧問・審査員務め、オリエンタルダンスを踊る喜び・見る楽しさ伝える事に情熱を注ぐ。http://www.farasha.jp/  http://www.fodss.jp/

Screen Shot 2017-03-04 at 10.21.28 PM
Nicole
小松芳氏師事。
1997年小松芳アラビア舞踊団入団、同舞踊団講師、ダンサー。
Studio el Salaam、GOLDGYMにて特別講師。
2005年世界最大のベリーダンスフェスティバル“アハランワサハラン”(エジプト)で日本人初の快挙となる4位入賞。
2007年ナグワフォワードカップ(韓国)銀賞受賞。
2011年11月ナイルグループ(エジプト)バンド・ソロ部門2位受賞。
2012年6月Amani Oriental Festival (レバノン)skills of award 賞、振付賞をダブル受賞。
2012年7月MAXIM INTERNATIONAL主催エジプシャンオリエンタルダンスコンペティション(日本)にて優勝。
2012年11月ナイルグループ(エジプト)フォークロアグループ部門にて「ニコル組」優勝、ソロ部門3位受賞。
2013年2月ナイルグループ(エジプト)ソロ部門にて優勝。
2015年7月カイロハーン(エジプト)フォークロアグループ部門4位。more...
2016年11月ナイルグループ(エジプト)フォークロアグループ部門にて「東京ヌビアン」2位受賞。全国でニコル塾を展開し、後進の育成に力をそそぐ。自身が監督する「ニコル組」は創作フュージョンから民族舞踊まで幅広いショーを展開中。http://ameblo.jp/nicole-bellydance​


Screen Shot 2017-03-04 at 10.23.50 PM
ZIZI
2000年ベリーダンスに出会い、国内外で勉強を始める。2008~2013年エジプトとアメリカで3つの国際コンペティションで優勝。2010年にFARASA STUDIOを設立し、国内で企画公演するほか、アメリカ・フランス・イタリアの公演にゲスト出演するなどアラブ文化に自身のアイデンテティを織り交ぜながら作品を作り続けている。

Screen Shot 2017-03-04 at 10.23.06 PM
千都マリア
マリアスタジオ主宰
富山にてバレエを学びその後、東京日本ヘルス&スポーツ学院ダンス留学科にてクラシックバレエ、jazzダンス、モダンダンス、ストリートダンスを専攻し卒業する。富山に帰郷し、1997年ダンスチームEMOTIONS設立。Jazzダンスを教える。2000年オリエンタルベリーダンスと出会う。その優美さ、奥の深さ、世界文化、音楽の素晴らしさに魅了され東京、NY、エジプトなどで学び、本場のラクスシャルキの真髄を学び続けている。
表現は無限、踊る心はひとつ。ダンスは人を幸せにし、心を豊かにする。踊る人生を愛し今もこの道を歩み続けている。
 

 
Screen Shot 2017-03-04 at 10.22.38 PM
Ken Nagata
偶然見たフラメンコに感銘を受け、大手証券会社より社費留学していた米国コーネル大学MBAを中退してスペインに渡る。約2年間マドリッドに滞在して数多くの踊り手に学ぶ。帰国後は稲田進氏に師事する。現在は日本では数少ない男性舞踊手として全国で活動中。またタップ、ベリー、演劇など他ジャンルとのコラボや舞台も積極的に行う。2015年にPV 「HEARTWASH! Flamenco in the Rain」を制作してYouTubeに公開。雨の中で踊る映像が話題となる。2017年にはPVおよびコンクール受賞作品を収めたDVD (Flamenco in the Rain)を発売。
第22回日本フラメンコ協会新人公演 奨励賞受賞(2013年)
第5回エルスール財団 新人賞受賞(2016年)
公式サイト: ken-nagata.com

Screen Shot 2017-03-04 at 10.22.03 PM

Runa
幼少期より父の経営するレストランにてベリーダンスに触れる。
肌と身体の感じるままに子供ならではの感性で枠にとらわれずに自然に踊りを楽しむように…
2008年よりダンススタジオSHURUにて本格的にエジプシャンスタイルを中心に学ぶ。
現在も他スタイルも含め修行中の17歳。
世界トップダンサーとの共演。海外公演でのゲスト出演、WS講師として招致等。
今後更なる活躍が期待されるダンサーである。
2013年 中国寧波の国際コンペティション(BDC)ジュニア部門2位2015年 NILE GROUP JAPAN2015 ゲスト出演他

 

 

 

Screen Shot 2017-03-09 at 1.07.35 AMYamamoto Saiko
山元彩子プロフィール 1993年、インド古典〝バラタナティヤム〟に出会う。1995年より渡印、インド・チェンナイ在住、A,ラクシュマン氏に師事。以来、渡印を繰り返しながら、インド・日本にて公演活動を続ける。ヌリッティヤ ラクシャナ ジャパン主宰。2004年~2008年、師A,ラクシュマン来日公演を行い、好評を博す。古典舞踊の魅力を発揮しつつ、独自の表現方法を模索中。

 

 

 

 

 

 

Screen Shot 2017-03-05 at 1.48.21 AMDDC
DDC – デセオス・ダンス・クルーは、2013年にApsara、Erykah、Joe、Lyon、Michelle、Sara Sawati、Saemi、 Switchの熱心で情熱的なフュージョンダンサーの集まりによって結成されました。デセオスの創始者であるJoeがディレクターを務めるこのグループは、そのユニークでエネルギッシュなパフォーマンスと表現力で観客を惹きつけ一気に人気を集めました。DDCはいつも制限や境界線を超え新しいアイデアやダンススタイルを自分たちの踊りに融合させ、パフォーマンスを通して観客を旅に連れていくことを心がけている。Deseos Dance CrewとDDCのメンバーは現在国内の小〜大規模のイベントに多数出演し活動をしている。www.deseosproductions.com

 

 

 

 

 

BeFunky_NAM_1763.jpgSonia (ソニア)

ロサンゼルス生まれのSonia Ochoaは、現在最も活躍しているダンス教師とパフォーマーの1人です。

ダンスに対する留まることのない好奇心と情熱で、ダンス業界でトップのパフォーマーになりました。また、振り付けもするリードダンサーとして、多数ジャンルのカンパニーや世界的に有名なBellydance Superstarsとツアーをしてきました。近年、Soniaはレパートリーを広げるため、更に身の詰まった深みのある訓練をする方にフォーカスを向け直しています。

クラッシックバレエの基本を学んだ後、ポリネシアンやラテン、中東、ペルシャン、コンテンポラリーのダンスに造詣を深めたことが、彼女のユニークなスタイルの構築に影響しています。メキシコの血を引く彼女は、自分のルーツを音楽や踊りで探求するために、ロサンゼルスにあるPacífico Dance Co(旧Ballet Folklórico del Pacífico)に入団しました。ここ5年ほど、Soniaはオディッシィーの師匠であるSujata MohapatraとColleena Shaktiにクラッシックインディアンダンスを学ぶことにたくさんの時間を費やしてきました。また、1年のうち数ヶ月をフラメンコとクラッシックスパニッシュダンスを訓練するために、ロサンゼルスにいるRoberto Amaralや、マドリードのトップ指導者であるLa Trucoや、Cristian Almodovar、Concha Jareño、Antonio Reyes Maya、そしてCarmela Grecoに学んでいます。

Soniaは最近レパートリーにヴィンヤサクラマヨガを追加し、Sri T. Krishnamacharyaの直系の子孫であるSrivatsa Ramaswamiの元で勉強しています。熱心なヨガの生徒として、彼女はダンサーの身体と心の調整と準備をする方法を毎日の練習に取り入れることを薦めています。

Soniaは忙しいパフォーマンスとワークショップの予定の合間を縫って、ロサンゼルスと海外で自身の訓練を続けています。より詳しい情報は、こちらをご覧ください:www.SoniaOchoa.com


Sonia東京ワークショップ詳細についてはこちらをクリック 

Sonia Tokyo WS Banner

 

Copyright © Deseos Dance Productions